Author Archives: ikeno

久々の更新です。
SEO対策について近年のトレンドを書きますね。

ここ数年は、検索エンジンGoogleは、文章理解の能力が飛躍的に高まっていることもあり、
内部SEOですべき項目は大分少なくなってきております。

このおかげで今まで見たく不自然にキーワードを入れたりタグを調整したりなど
しなくてよくなりました。
つまりはコンテンツの質を保つことができるようになっています。
そしてGoogleもコンテンツの質を重視するようになりました。

ではどうしたらよいか?

コンテンツの質を上げるということは、ユーザ目線でホームページを作ることにほかありません。
有益な情報をしっかり提供する。
ということになります。

そして外部リンク!
これは依然として重要な要素です。
もちろんやみくもにリンクしても意味はないのですが、
関連リンクは評価の指標としてずっと高いです。

外部リンク=悪 という流れが一時ありましたが、
まったくのがガセネタです。

おそらくGMOが悪質リンクを大量に売りつけたためそうなったと思います。

良質な外部リンクは昔も今も大事です。


ウェブマーケティングによって検索エンジン上位TOP5を独占できたら
確実に集客につながります。

ホームページは1社1サイトなんてきまりはありません。
異なる趣旨で何サイトも立ち上げて検索エンジンの面を支配するやり方もありです。

たとえば
通常のホームページと比較サイト、情報サイト、地図などで
上位TOP5に自社の商材をPRする方法です。

これで収益につなげている企業はたくさんあります。
そのためホームページは1社1サイトという考えかたをなくして
どんどん集客用サイトを作ってSEO対策していく方法も検討してみてはどうでしょうか?


ランディングページは集客を目的としてつくられるものですが、
近年のSEO対策と非常に相性が悪いのも事実です。
そのためランディングページ制作~リスティングといった手法がほとんどです。

まず、なぜSEOと相性が悪いのか?
それは、

・画像中心となりテキスト文字数が少なく基本見出しタグも画像になりがち
・更新頻度が上がらない
・ページの規模が小さい=1枚ものが基本なので

しかし、ランディングページでもSEO対策はかけれます。
文字が少ないのはどうしても仕方ないのですが、
できるだけCSSで文字を入れるようにして500文字程度は稼げます。

更新頻度も、お客様の声を都度変えたり、購入情報などをお知らせでUPしていけば保てます。
下層にブログを設置するのも手です。
ページ規模については、ランディングページ=1枚ものではありますが、
会社情報の設置や、ブログ、商品にかかわる豆知識&辞書的なものを組み込み
しっかりとしたコンテンツで更新していけば問題ありません。

そのためよく使う手段は、LPぽいホームページです。
サイドバーを設け、サイドに豆知識をCMSで更新できるようにしていきます。
すると、更新頻度、ページ数が稼げるようになります。
もちろんサイドバーを付けたくないときは、
豆知識へのバナーだけでも置くなどするでも多少の効果は望めます。

ランディングページのことならイケネットにお気軽にご相談ください。
ランディングページ制作


Googleアナリテックスをいれたけどどこを見ればよいのかわからない声をよく耳にします。
たしかにアクセス総数だけを見ていてもまったくもって無意味です。
まあ、ほとんどの人がそうなのですが、、、

Googleは非常に優秀なツールです。
どこの地域からアクセスがあったか、PCからか?OSやブラウザはなにか?
どのページを見たのか、サイト内でどういう行動をしたのか?
手に取るようにわかります。

たとえば、スマホからのアクセス傾向が多い場合、スマホチューニングするなど基本的な使い方から
時間帯のアクセス数でユーザ傾向を仮説してキャンペーンを打つなどもできます。

Googleアナリティクスの解析は目的に応じて行うことが大切です。
それに応じてどのデータを使うか決めて日、週、月で確認するとよいでしょう。


ホームページ制作で助成金がもらえることがあります。
管轄の市区町村毎で違うためまずは事前チェックが必要です。

受付を終了していても再度受付する市区町村があるため
こまめにチェックをしましょう。

相場的に5万円とか10万円ではありますが、もらえるものはもらっておくべきです。

情報を知らずに普通に制作してしまってはもったいないので
ホームページ制作には助成金がもらえることがあるということだけ
覚えてお行くとよいでしょう。


私の代表している株式会社イケノコーポレーションで新商材をリリースしたのでご報告します。
クリニック向けHP制作プランです。

美容外科はやはり体のことが気になる人へ需要があるので
インターネットで情報を得てから来院するケースがほとんどです。
そのためホームページの出来と検索順位が集客のポイントになります。

イケノコーポレーションでは、この両面の仕事を水面下で多々行ってきました。
そのためコンテンツノウハウや検索エンジン上位表示のノウハウが他社とは圧倒的に違います。

少しでも多くの美容外科、クリニックの集客をお手伝いさせていただきたく
このたびは業種に特化したプランをリリースさせていただきました。

もちろん美容外科やクリニック以外の病院様であったり
他の業種のホームページ制作も行っておりますのでよろしくおねがいします。


ホームページ制作時の注意点についてです。

ホームページを制作する際には、
どうしてもデザインや個人の主観が入りがちですがこれでは自己満足に過ぎません。

こだわりがあるのは結構ですが、何を伝え同集客するかのほうが大切です。
もちろん集客意図がなく自社のPR的な意味のホームページではどんどんこだわっても良いと思いますが、
ホームページを見ていただき商品をPRする際には主観だけではいけません。

第三者視点からのほしい情報や同一商材の競合比較をして
きちんと戦える体制にしてどのように商品PRをしていくかを考えましょう。

これができているかいないかだけで成約率は大きく変わります。
自己満足で終わるのか、きちんと勝ち残っていくのか?
もう一度ホームページ制作について考えてみてはいかがでしょうか?

集客できるホームページ制作


Facebook広告の活用についてです。

Facebookの一般投稿でビジネス利用をしている方はたくさんいますが
あえて広告を出すことも有効な手段です。

どうしても「いいね」の拡散だけだと身内感が出てしまいます。
新規開拓には広告機能を使いましょう。

このFacebook広告は年齢や地域、趣味嗜好などターゲティングで来て
広告が出せるのでより理想のユーザへ広告配信が可能です。

たくさん不特定に広告を打つよりはかなり効率の良いやり方ですのでぜひ使ってみましょう。

また、広告をうっていいねを獲得したらきちんと定期的に情報を発信しましょう。
特にキャンペーンを打つなどは効果科的な手法です。

Facebookの広告機能について使い方などわからなかったり、
コンサルが必要な方はご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら


検索エンジンの上位表示にはSEO対策、もしくはリスティング広告が有効ですが、
どちらが良いかというと半々です。

リスティングは即効性が高く集客力も大きいです。
しかし、コストがかかります。

SEO対策は時間がかかりますがコストは抑えられます。

どちらのほうがクリックされるというとリスティングのほうがクリックはされやすいです。
一番上に表示されるので効果は高いです。
しかし、あえて広告とわかっているのでクリックしなこともあります。

物を探すとき、店を探すとき上位にいれば有利ではありますが、
実は比較もされるのでそれほど上位にいる必要はないです。

上から見ていくので下のほうが印象は良くなることもあります。

もっとも有効な技は検索エンジンのジャックです。
上位に1ページだけでなく、違うホームページも入っていればより集客面は有効になります。
1会社1つのホームページなんてルールはありません。
ホームページはたくさん持っても良いのです。
そしてそのホームページが少しでも多く目につく機会があればかなり有利といえるでしょう。


ダサイホームページほど成約が高いことがしばしあります。
むしろ多いこともあります。

なぜでしょうか?

答えは簡単です。
デザインを懲りすぎると伝えたいことがブレるからです。
シンプルに伝えることをしているところは
デザインなんてこりません。コンテンツに凝ります。

だから成約率も高いのです。
そして、SEO対策も実はデザインをこると不利になることもあるので
凝ったデザインのホームページより必然的に成約率が高くなります。