WEBマーケティングの考えかた

WEBマーケティングをはじめるにあたって大切な考えについてです。

実店舗と同じ考えかたをすること

渋谷の駅前に店を出せば商品が売れると思いますか?
確かに人通りも多く売れる確率は上がります。

しかし、そのお店が汚い店構え、雑な陳列のお店であれば売り上げにはつながりません。

ホームページも同じように考えてみましょう。

Yahooで上位表示されたとしてもクリック後にダサイページが表示されれば
戻るボタンでコンテンツなど閲覧されずに終わります。
同じように、コンテンツがバラバラでは、閲覧されても訪問者にストレスを
与えるだけで商品は売れませんし広告効果も落ちます。

実店舗のように、きれいな外装、商品陳列、買い物の導線、目玉商品の位置など
きちんとページ上で表現することが基本的なことであり大切なことです。

アクセス数にだけとらわれないこと

先の話のように、渋谷の駅前=Yahoo上位表示でアクセス数は稼げます。
しかし、売り上げにはつながりません。
そのため、店に入ったけど買わないで帰る人を減らす=ホームページ離脱率を改善。
これこそがWEBマーケティングでは最重要課題です。

ターゲットにあったキーワードで出店=上位表示して
ターゲットに何を売りたいのか?何をアピールしたいのか?
それを意識してコンテンツを制作していく必要があります。

スーパーの商品陳列はどの店も似たような形があります。
野菜、魚、肉、惣菜で周囲を囲い中にはお菓子や箱ものの雑貨がメインです。
これはスーパーの店舗ノウハウで最良のパターンがあるからです。
ホームページも同じように業態や商品によって王道パターンがあります。

いち早くその情報を用いることがWEBマーケティングで勝組になる方法です。

初心者の方はどうしてもアクセス数に気を取られがちですが、
高いお金をかけて広告を出したりSEO対策をしたり、いろいろ集客方法を調べたりしても
時間とお金を無駄に使うだけです。

結局サイト自体がきちんとしていなければ意味がないので、
まず先にすべきことはしっかりとしたホームページを作ることです。

ホームページ制作

マーケティングの3原則

インターネットで物を売ることは実店舗と同じと再三繰り返しています。
そのためマーケティング3原則を十分に活用すべきです。

・商品戦略
何を売るのか?何が自社で強く競合優位性があるか?

・エリア戦略
商圏をどこにして競合はどの程度いるのか?

・客層戦略
どの客層をターゲットにするか
年齢、業種、個人法人、性別など

まずはこのマーケティング3大原則を十分に行ってから
戦略を立ててそれに見合ったホームページをつくり集客をかけていくのが大切です。

WEBコンサルティング相談はこちら